ブログ もっとキレイ

私が思ってること。

このようなニュースがありました。
倉本聰氏「これが最後」テレビ局に絶望
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080806-00000045-spn-ent
 人気ドラマシリーズ「北の国から」などで知られる脚本家の倉本聰氏(73)が「テレビへの絶望がある」としてドラマ脚本の執筆をやめる可能性を明かした。脚本を担当するフジテレビの10月スタートの連続ドラマ「風のガーデン」(木曜後10・00)で、舞台となる北海道・富良野で会見。「これが最後という気持ち。テレビ局が視聴率だけを考え、現場が悪くなった」と憂えた。
 倉本氏は「風のガーデン」の主人公の家族が育てているという設定の庭の前で、主演の中井貴一(46)、緒形拳(71)らとともに会見。黄色や白い花が咲く中「これが最後だなという気がした。連続ドラマはしんどいし、作っているスタッフもどんどん世代が違ってきているし…」と打ち明けた。
 日本テレビ「前略おふくろ様」(1975~77年)フジテレビ「北の国から」(81~2002年)など多数のヒット作を生み出してきた脚本家の「最後かな」発言。富良野のホテルに場所を移し再び取材陣に囲まれた倉本氏は「これが最後の連ドラになる?」との質問に「ありますね」とキッパリ。
 人間の生と死をテーマにした同ドラマの執筆中に感情移入しすぎて体調を崩し精密検査を受けたことも明かした。倉本氏は「体力的なこともあるが、テレビへの絶望というのもはっきり言ってある」と話した。
 「今回のスタッフは一生懸命取り組んでくれている」と強調した上で「かつては知恵を使って作っていたが、今は知識でものを作るようになった」と指摘。「(一緒にやってきたスタッフが)役付きになり、現場から離れ、技術や知恵が伝承されず、役者を含めて現場がものすごく悪くなった」と苦言を呈した。
 さらに「質は考えず、視聴率だけで評価するようになってしまった。脚本家、演出家、役者を悪くしていったのはテレビ局に責任があると思う」と怒りをあらわにした。
これは企業全体に言えることで、TVだから売上に相当する部分が
スポンサー獲得やCM料決定に大事な視聴率なだけであって
最近の風潮として、企業の利益優先主義(エゴ)が取り上げられることが
多くなりました。(船場吉兆、ミート社の偽装、うなぎの産地偽装など)
TVは、いい番組があれば視聴者は自然と見るわけです。
お店も、いい店・いいサービスなら消費者は自然と、
そのお店をひいきにするものです。
企業は本来「お客様」という相手があって成り立つのです。
この当然のことを忘れ、お客様のことを考えずに自分の利を
追求してしまう、他者不在の利己主義が日本企業全体に
蔓延しているのではないでしょうか。
「お客様あっての商売」という本質的なところに一社でも多く
戻っていくことを願っています。
私がネットショップ「もっとキレイ」をやっているのも、
化粧品会社に勤務していた時の知識や経験を活かし、
お客様がキレイになるお手伝いができればという思いで
始めました。
ですから、特にスキンケア商品は配合している成分を見て、
30才以上の女性なら、ぜひ使ってもらいたい物だけを
集めました。
なので、
「この商品をどう販売するか?」
という自分のエゴの視点からではなく
「30才以上の女性なら、どのような商品がいいのか?」
というお客様の立場に立って考え揃えました。
さらに、商品の販売だけではなく、普段のスキンケアの参考に
してもらい、お客様がよりキレイになるお手伝いができるように
定期的にメルマガ『もっとキレイ』(まぐまぐ)にて美容情報も
配信しています。
そのメルマガには、読者(お客様)からの悩み・疑問にお答えできるように
私の連絡先も記入していますので、お気軽に質問していただければと
思っております。